キング・テックなど3社、電子メールセキュリティアプライアンス

WebBCN (BCN) 2005年11月02日 11時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 キング・テック(王遠耀社長)と日立INSソフトウェア(片岡雅憲社長)、 ニューテック(笠原康人社長)の3社は、共同開発した電子メールセキュリテ ィアプライアンスの新モデルを11月下旬に発売する。

 今回の協業により、Linuxサーバーに日立INSソフトウェアのメールアーカイ ブ・フィルタリングソリューション「WISE Audit v3.0」と、キング・テック のバックアップソリューション、そしてニューテックのストレージソリューシ ョンを組み込んだアプライアンスを発売する。これにより、従来の1/3の導入 コストで、電子メールのアーカイブやフィルタリングが可能になる。

 税別価格は、導入作業費、保守サポート費込みで、500ユーザライセンスモ デルが598万円、1000ユーザライセンスモデルが658万円、2000ユーザライセン スモデルが798万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR