デュアルコア版Xeonを複数搭載可能なラック型サーバ、日本IBMが出荷開始

ニューズフロント 2005年11月02日 17時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは11月2日、「デュアルコアインテルXeon プロセッサー7000」製品系列プロセッサを搭載する新型サーバ「IBM eServer xSeries 366デュアルコア・モデル(x366)」「同460デュアルコア・モデル(x460)」の出荷を開始した。搭載可能なプロセッサの数は、x366が4個、x460が32個。

 新型サーバは、日本IBMのサーバ向けアーキテクチャ「X3アーキテクチャー」と、自社開発したチップセット「IBM XA-64e」を採用した。「顧客のビジネス成長に柔軟に対応することができ、オンデマンドビジネスを強力に支援する優れた性能を持つ」(同社)

 いずれも3Uサイズのラック型サーバで、Xeon 7020(動作周波数2.67GHz)またはXeon 7040(同3.00GHz)を搭載できる。メモリ容量は最大2Gバイト、ハードディスク容量は最大440.4Gバイト。PCI-X 2.0スロット6個、10/100/1000Mbpsネットワークインターフェースを備える。電源はホットスワップ可能で、冗長化にも対応している。

 税別価格は、x366が138万円から、x460が268万円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR