導入と管理が容易な不正PC検知/隔離アプライアンス、ソフトクリエイトが発表

ニューズフロント 2005年11月02日 17時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトクリエイトは11月2日、不正PC検知/隔離装置の「L2Blocker」を発表した。11月末より販売を開始する。

 この装置は、持ち込みが許可されていないPCによる社内ネットワーク接続を検知し、不正利用を阻止する。PCやサーバに影響を与えずに、不正PCだけをネットワークから隔離できる。未登録PCに対して一時的な接続許可を与えることも可能だ。接続するPCの登録をユーザーからウェブ経由で受け付け、許可する機能も備える。

 自動的にMACアドレスを学習するので、管理者は登録作業をする必要がない。設置は既存のスイッチングハブに接続するだけで、ネットワーク機器の設定を変更しなくて済む。ネットワークに接続されているPCの情報は、装置が自動収集する。ユーザーやPCの数にかかわらず、ネットワークの1セグメントに1台設置すればよい。

 高さ114.5mm、幅81mm、奥行き38mmと小型なので、設置場所は選ばない。またハードディスクと冷却ファンを持たないため、騒音が少なく故障しにくいという。管理用のPCが1台あれば運用できるので、一般的な検疫ネットワークシステムと違って専用サーバの導入は不要だ。

 税別価格は、本体1台と管理ツール「L2BM」をパッケージ化した「L2Blockerスターターセット」が38万円。追加用の本体は1台14万円。ソフトクリエイトでは、初年度に2億円の販売を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR