アライドテレシス、「CentreNET SwimView Ver.3.0」を販売開始

エースラッシュ 2005年11月02日 20時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アライドテレシスは11月2日、ネットワーク・デバイス管理ソフト「CentreNET SwimView Ver.3.0」の販売を開始した。

 CentreNET SwimViewはSNMP対応ネットワーク機器を管理するソフトウェアだ。取得した機器情報を製品の機器パネルを模したパネルウィンドウ上にわかりやすく表示する。リモートで各ポートの状況確認や、トラフィック情報の記録、管理も可能だ。

 新バージョンではネットワーク・デバイスへのアクセスで「SNMPv3」をサポートし、ネットワーク管理のセキュリティ強化を図っている。同社はスイッチやルータも順次「SNMPv3」への対応を進めており、これらを管理する上でも「CentreNET SwimView Ver.3.0」が必要だとしている。

 価格は「ATライセンス」が25万円、「EXライセンス」が15万円、「NSライセンス」が15万円、「SwimSuite Aパック」が40万円、「SwimSuite Bパック」が60万円、「CD-Rメディアキット」が5000円となっている。なお、「SwimView Ver.2.x」から「SwimView Ver.3.0」へのバージョンアップは無償提供される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!