GMO-HS、専用サーバ向けに「サイボウズ Office for 6」のインストール版を販売開始

エースラッシュ 2005年11月04日 21時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOホスティング&セキュリティは11月4日、ホスティングブランド「アイル」の「サイボウズ Office 6」のサービスラインアップを11月2日に強化したと発表した。

 アイルでは2004年からASP型サービスとしてサイボウズ Office for 6を販売している。今回のサービスラインアップ強化では、専用型サービスである「プライベートサーバ・サービス」においてサイボウズ Office 6のインストール版の販売が開始された。最小10ライセンスから無制限ライセンスまでに対応、必要なライセンス数に応じたインストール版を購入し、契約サーバ上で自由に運用できる。

 価格は月額費用は不要で、初期設定費用のみとなる。税込みで10ユーザーライセンスが7万9600円、50ユーザーライセンスが19万7505円、100ユーザーライセンスが37万9050円、200ユーザーライセンスが72万6180円、無制限ライセンスが137万6550円となっている。なお、利用には「Private Server Hosting Service」のカスタムプランか「Managedシリーズ」の契約が必要だ。

 同社は共用サーバサービス「iCLUSTA」向けであるASP型サービスにおいても、追加料金なしでディスク容量を500Mバイトから1Gバイトに引き上げている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?