日本HPとCSKシステムズ、ブレードPCを使った従量課金制アウトソーシング

ニューズフロント 2005年11月07日 15時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CSKシステムズと日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、日本HPのブレードPCを利用した「ThinクライアントPC・アウトソーシング」サービスの提供に関して協業する。両社が11月7日に明らかにした。同サービスは、CSKシステムズの従量課金制アウトソーシングサービス「USiZE」の新サービスとして提供する。

 CPUやディスクなどの記憶装置をデータセンターで一括管理し、ユーザー側にはアクセス端末のみを提供するディスクレスのシンクライアント環境により、端末からの情報漏洩を防止できる。また、システムの導入/運用からデスクトップサポートまで一括したアウトソーシングサービスを提供することで、サーバおよびPC端末の運用管理を軽減できるという。デモサービスの提供開始は2005年12月の予定。

 両社は、「効率的なセキュリティ対策が可能になるため、個人情報を扱う業務を外部委託することが多い金融業、小売業、通信販売業、個人情報を扱うコールセンター業務などでの利用に適している」と説明する。また、「営業担当者のモバイル端末や、拠点移動の多い建設業や土木業などの分野でも活用できる」(両社)

 なお、CSKシステムズは今回の協業に合わせて、USiZEのプラットフォームに従来からのUnixのほか、WindowsとLinuxを追加する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!