ソフトイーサ、vpncmd コマンドなどを追加した「SoftEther VPN 2.0 RC2」を公開

エースラッシュ 2005年11月07日 19時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトイーサは11月7日、仮想ネットワークを構築できる「SoftEther VPN 2.0 Release Candidate2 ビルド5000」(SoftEther VPN 2.0 RC2)を、本日公開したと発表した。

 従来のSoftEther VPN 2.0ではWindows対応の「VPN Client」しか搭載されていなかったため、Linux環境で仮想LANカード機能を使用することができなかった。今回発表された最新版のSoftEther VPN 2.0 RC2では、新たに「Linux版 SoftEther VPN Client 2.0」を実装している。これにより、Linuxから外部のコンピュータ上で動作している「VPN Server」への接続が可能となった。また、すべてのOSで使用できるコマンドライン管理ユーティリティ「vpncmd」も追加。「SoftEther VPN Server 2.0」「SoftEther VPN Client 2.0」「SoftEther VPN Bridge 2.0」が動作しているコンピュータに接続し、サーバまたはクライアントサービスの設定や管理ができる。

 そのほか、VPNセッションの通信速度を正確測定できる「通信スループット測定」機能や、クラスタリング機能の設定項目に「性能基準比」パラメータが追加されている。なお、SoftEther VPN 2.0 RC2はフリーソフトとして提供されており、同社のサイトからダウンロードが可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?