MSの「SQL Server 2005」「Visual Studio 2005」がついに正式発売に

Ina Fried (CNET News.com) 2005年11月08日 12時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Microsoftが米国時間7日、これまで何度も発売が延期されていた同社のデータベースプログラムおよび開発ツールの新バージョンを公開した。

 同社CEO(最高経営責任者)のSteve Ballmerは、当地のMoscone Westコンベンションセンターで開かれたイベントで、「SQL Server 2005」「Visual Studio 2005」を正式に発表するとともに、「BizTalk Server」の新しいベータ版を公開した。

 Ballmerは、これらの新バージョンが大幅な進化を遂げたとしたうえで、「登場が多少遅れた」ことも認めた。たとえばSQL Serverの場合、現行バージョンのリリースからすでに5年が経っている。

 「少なくとも、もう少し早い開発サイクルが望ましい」(Ballmer)

 Microsoftはこれらの標準版に加え、無料で使える「エクスプレス版」のSQL Serverと、49ドルのエクスプレス版Visual Studioも発表した。ちなみに、Oracleは先週、同社データベース製品の機能限定版を用意し、これを無料で公開する計画を明らかにした。

 「われわれは今回の一連のリリースで、どのユーザーにも何らかの新機能を提供することを目標にしている。ウェブ開発者、学生、マニアなど、さまざまな開発者がいることを忘れてはいない」(Ballmer)

 Microsoftは、小規模企業向けとなるSQL Serverの「Workgroup Edition」も発表した。こちらの価格は1プロセッサあたり3899ドルとなっている。

 SQL Serverの「Standard Edition」は、1プロセッサあたり4999ドルから5999ドルへと値上げされたが、「Enterprise Edition」の価格は1プロセッサあたり2万4999ドルに据え置かれている。

 MicrosoftはメインとなるVisual Studio 2005と同時に、プログラマー、テスター、デザイナーらをターゲットにした「Team System」というハイエンド版も投入した。「Visual Studio 2005 Team Suite」は価格が1万939ドルからとなっており、約500〜5000ドルで販売されるサーバソフトウェアコンポーネントと併用される。

 Microsoftは先月後半に、Visual StudioとSQL Serverの両新バージョンの開発が終了したことを明らかにしていた。

 現在ベータテスト中で、来年前半に発売される「BizTalk 2006」は、さまざまアプリケーションをリンクする目的で設計されている。Microsoftは当初、同製品の正式版を来年第1四半期までに出す予定だったが、「確実に出せる日程になるよう」タイミングをずらしたと、ある幹部は説明した。この統合用ソフトウェアは、異なるアプリケーション間でデータ送信を行い、各種のドキュメントフォーマット間の変換作業などを行う。

 Microsoftはこの日、BizTalk 2006向けに、「Oracle eBusiness Suite」や、Peoplesoft、Siebelなどから出ているパッケージアプリケーション用のアダプタが無償で用意されることも明らかにした。

 同社の幹部らによると、BizTalk 2006ではワークフローの自動化関連機能を充実させ、RFIDリーダからのデータの読み込み/処理も実現するという。

 Ballmerは基調講演の一部を割き、これまでUNIXベースのサーバやメインフレームでしかできなかったタスク処理に関するMicrosoftの進展についても語った。

 「今なら、WindowsやMicrosoftのプラットフォームで処理しきれないタスクがないことを納得していただけると思う」(Ballmer)

 同氏はIntel CEOのPaul Otelliniを壇上に招いたが、OtelliniはDell、Hewlett-Packard(HP)、IBM、NEC、日立といったメーカーから発売されるWintelベースの最新ハードウェアを披露した。Otelliniはまた、Visual Studio 2005から直接Intelのコンパイラやツールを利用できる新機能も売り込んだ。

 Ballmerは、SQL Serverに関して、ライバル製品からSQL Serverに乗り換える一部の顧客に5割引きを提案し、MicrosoftがOracleからデータベースの顧客を奪う、という作戦を重ねて強調した。Oracleは、同社がMicrosoftの新しい開発ツールをサポートすることと自社データベースのWindows版を売り込む声明を出した。

 7日には従来のソフトウェア製品に焦点が当てられたが、Ballmerは、先週発表された「Windows Live」や「Office Live」といった拡張サービスへの取り組みにも簡単に触れた。

 「われわれのプラットフォームをクライアント/サーバからウェブへと一気に進化させる必要があることは認識している」(Ballmer)

 Microsoftはさらに、来年後半出荷予定の「Office」の新バージョン(「Office 12」)で、ExcelからSQL Server 2005のデータに直接アクセスする機能も公開した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!