電力や鉄道など社会インフラ制御系向けブレードサーバ、日立が12月に発売

ニューズフロント 2005年11月09日 14時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は11月9日、ミッションクリティカルな業務向けブレードサーバ製品系列「BladeSymphony」の新製品として、社会インフラや産業分野における制御系システム用の「BladeSymphony CF」を発表した。12月1日に販売を始める。出荷開始は2006年6月30日の予定。税込み価格は700万円から。

情報制御プラットフォーム「BladeSymphony CF」

 新製品は、電力システムや鉄道システム、産業システムなど、社会的なインフラや産業分野などで運用される各種制御系システムを構築するためのサーバ。WindowsおよびLinuxに対応したほか、同社の制御用OSを搭載し、リアルタイム制御、外部接点信号による異常通知、リモート立ち上げなど信頼性/可用性/保守性(RAS)機能を強化してある。業務アプリケーションはWindows/Linuxブレードで、制御アプリケーションは制御用OSブレードで動かすといった構成が可能だ。

 新開発の情報制御基盤ミドルウェア「NX Transfield」を利用すると、製造現場などで発生する制御情報と、そのほかの関連情報とを連携させることができる。「データの統合や選択、多重化により、情報の価値や信頼性を高められる」(同社)

 さらに、ギガビットイーサネットを使用したリング型LAN「μΣNetwork-1000」で、制御データと業務データの通信帯域を論理的に分離したネットワークを作れる。既存の業務システムも同一ネットワーク内で共存可能なので、制御系システムと業務システムの情報連携や、ネットワーク統合など効率的な運用が期待できる。

 同社は、11月15日から18日に東京ビッグサイトで開催されるシステムコントロールフェア2005に、BladeSymphony CFを出展する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!