日本IBM、ミッドレンジのNAS製品群を12月9日より出荷開始

エースラッシュ 2005年11月14日 19時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは11月14日、ミッドレンジのNAS「N5000製品群」を12月9日より出荷開始すると発表した。これらは4月7日に発表された、IBMとNetwork Appliance社の戦略的提携に基づく第2弾の製品となる。

 今回発表されたのは、ミッドレンジのNAS「IBM System Storage N5200(N5200)」と「IBM System Storage N5500(N5500)」の2製品。データへの高速アクセスやディスク間の高速バックアップ機能、改ざん防止用のWORM技術、各種コピー/ミラー機能などを搭載している。また、ファイバー・チャネル・ドライブに加えて安価なシリアルATAドライブへの対応、異機種環境におけるバックアップの集中管理機能なども特徴といえる。

 最少構成時の価格はN5200が税別702万1800円から、N5500が税別1064万6800円からとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR