NTTデータ、米リビアを買収し日系企業向けサポートを拡充

エースラッシュ 2005年11月14日 19時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータは11月14日、NTT DATA INTERNATIONALを通じて米国のSI企業であるThe Revere Group(Revere)の発行済み株式60%を譲受する契約を、11月11日に締結したと発表した。

 この締結により、同社はRevereの保有する製造業/金融業/ヘルスケア業を中心とした各種業界に適するITコンサルティングリソースとソフトウェア開発リソースなどを獲得し、米国におけるSI事業を展開するという。同社は7月にCapgeminiとも提携しており、日系企業の海外展開をIT面からサポートする体制を整えた。今回の提携によって北米における中小企業向けSIサービスのトータル提供が可能となるだけでなく、Capgeminiと連携した顧客開発やサポートが可能になるとしている。

 今後Revereは2007年までに単独売上げ約6000万ドルを目指す。NTTデータグループの北米全体の売上げとしても、2007年度に1億2000万ドルの目標を掲げている。なお、今回の株式譲受にともなうRevereの社名変更はない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから