Officeアプリと連携可能なコールセンター向けVoIP製品、NTTデータとマイクロソフトが提供

ニューズフロント 2005年11月15日 17時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータとマイクロソフトは11月15日、NTTデータのコンピュータ電話統合(CTI)/顧客関係管理(CRM)製品「VOISTAGE」とマイクロソフトのコミュニケーションサーバ「Microsoft Office Live Communications Server(LCS)2005」を組み合わせた統合VoIP製品を開発すると発表した。2005年11月に予約を開始し、2006年4月より販売する。

 VOISTAGEとLCS 2005を連携させることで、電話の発着信にかかわる業務がOfficeアプリケーションから管理、運用可能となる。たとえば、「Microsoft Office Excel」文書ファイル内に保存されていたり、ウェブブラウザに表示されたりしている電話番号をクリックするだけで、手作業でダイヤルすることなく電話の発信ができる。通話履歴保存、稼働状況モニタリング、統計処理といった大規模コンタクトセンター向け機能も利用できる。

 外部ネットワークとしてNTT東日本およびNTT西日本の光IP電話サービス「ひかり電話ビジネスタイプ」と、NTTコミュニケーションズのIP電話サービス「.Phone IP Centrex」を利用し、企業内ネットワークのSIPプロキシとしてLCS 2005を使う。両者間の接続用に、VOISTAGEを設置する。統合VoIP製品自体がIP電話への接続機能を持つため、PBXや専用ソフトは不要だ。

 同製品を構成する各製品の税別価格は以下のとおり。別途IP電話に関する料金が必要となる。

  • VOISTAGEマルチメディアカード VS-4601MC:190万円
  • LCS Standard Editionパッケージ(5CAL付き):21万9000円
  • LCS Enterprise Editionパッケージ(25CAL付き):91万3000円
  •  NTTデータとマイクロソフトでは、2006年度における同VoIP製品の売上高を10億円と見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?