富士通、OSS導入支援用の施設を新設--無償で利用可能な検証環境も整備

ニューズフロント 2005年11月15日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は11月15日、オープンソースソフト(OSS)ベースのシステム構築および運用を支援する施設「OSS技術支援センター」を、東京都港区の「Platform Solution Center」内に新設した。OSSミドルウェアを対象に、商談からシステムの設計/構築、運用まで各段階に応じたサービスを提供していく。

 同社は、これまでLinuxカーネル、ウェブサーバ「Apache」、電子メールサーバ「Sendmail」、ファイルサーバ「Samba」といったOSSのサポートなどを行ってきた。OSS技術支援センターでは、対象をデータベース「MySQL」「PostgreSQL」、Javaアプリケーションサーバ「Tomcat」、Java開発環境「JBoss」、開発言語「PHP」まで拡大し、OSSミドルウェアによるシステムの構築から運用を支援する。

 同社のサーバ「PRIMEQUEST」および「PRIMERGY」を合計240台用意し、動作検証用の環境として無償提供する。さらに、専門の技術者約50名を配置し、無償で動作検証の支援や商談を行うほか、有償で設計/構築サービス、運用時のトラブル対応支援、修正情報やパッチの提供を実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!