ZigBeeを利用したメッシュ型センサーネットワークシステム--NECエンジニアリングが開発

エースラッシュ 2005年11月15日 18時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECエンジニアリングは11月15日、「ZigBee温湿度センサーモジュール」およびZigBeeのリレー通信機能/アドホック機能を使用して、メッシュ型ネットワークの構築を可能としたセンサーネットワークシステムを開発したと発表した。

 このシステムでは「ZigBee対応温湿度センサーモジュール」を測定エリアに複数配置し、収集した情報をメッシュ型ネットワークを利用して伝送することができる。通信ルート途中の端末が機能しない場合でも、別ルートを迂回して通信が続けられるメッシュ型ネットワークを利用可能になっているため、信頼性の高い情報収集が行える。また、特別なインフラを必要とせず、安価かつ容易にネットワークが構築できるため、用途に合わせてセンサーを組み替えることで幅広い分野への応用が可能だとしている。

 同社は今後もZigBeeアライアンスの動向と同期して、ZigBeeを利用したセンサーネットワークシステムの実用化に向けて取り組むという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR