ギデオンがLinux用ウイルス対策ソフト新版を販売--検出エンジンをカスペルスキーに変更

田中好伸(編集部) 2005年11月15日 18時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linux関連ソフトを販売するギデオンは11月15日、ウイルス対策ソフト「ギデオン アンチウイルス メールサーバ」の販売を開始した。「アンチウイルス for Linux/Sun Cobalt」の後継製品となる。

 アンチウイルス メールサーバは、メールサーバに組み込む方式を採用することで既存のネットワーク設定を変更せずに導入できる。ウイルス検出エンジンには、ロシアのカスペルスキー製を採用。アンチウイルス for Linux/Sun CobaltのF-Secureから変更している。

 定義ファイルはカスペルスキーから配信され、初期状態では1時間ごとに更新される。更新間隔は1時間、3時間、6時間の3つから選ぶことができる。

 今回のアンチウイルス メールサーバではブラウザから管理し、定義ファイルの更新状況やウイルスの検出ログ、通信アクセスログなどを一覧できる。またアドレスごと、ドメインごとにウイルスを検出するかどうか設定することが可能となっている。検出プロセスを並列処理することで従来の2倍以上のパフォーマンス向上となっている。

 Red Hat、SUSE、TurboLinux、Fedra Coreなど主要なLinuxディストリビューションに対応している。メールサーバはsendmail、qmail、postfixに対応している。

 ギデオンは、一般企業のほかにサービスプロバイダや官公庁、教育機関を対象に想定している。今後1年間で2000本の売り上げを目標としている。標準小売り価格は、ユーザー数50で13万8600円(2年目以降の更新料は6万9300円)、ユーザー数100で20万7900円(同10万3950円)、ユーザー数250で31万1850円(同15万5925円)となっている。

 サポートについては、電話とメールで対応し年間3インシデントまで無償で対応する。祝祭日を除く月曜日から金曜日の9時から17時まで対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから