NECマグナス、業界初の「音声定額 on PBX」、ウィルコム定額プランに対応

WebBCN (BCN) 2005年11月16日 11時15分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECマグナスコミュニケーションズ(NECマグナス、日比野雅夫社長)は、ウ ィルコム(八剱洋一郎社長)の音声定額サービス「ウィルコム定額プラン」に 対応したモバイル・セントレックス「音声定額 on PBX」を発売した。今後2年 間で2000システムの販売を見込む。

 モバイル・セントレックスとは、携帯電話やPHSを、内線電話として活用す る技術とサービス。「音声定額 on PBX」では、端末間通話に加え、PBX経由の 通話も定額料金で利用できるようにした。また、NECのUNIVERGE製品や他メー カー製品のPBX環境に、事業所内向け小型PHS基地局とVoiceWay(PBX局線用PHS アダプタ)を設置するだけで使用できるため、既設環境を無駄なく活用できる。

 同社は、利用モデル例として、100回線使用・定額通話内の利用回数が1人1 日あたり6回で算出した場合をあげ、従来の携帯電話利用時に比べ、50%強の コスト削減になると試算する。

 税別価格は、PHS基地局1、VoiceWay2ラインの「2ライン・パック」で280万 円、PHS基地局1、VoiceWay4ラインの「4ライン・パック」で310万円(いずれ も設置工事費込み)。ウィルコム定額プラン利用料金は1台2200円(10台以上 一括法人契約時)となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから