2.80GHzデュアルコアXeon搭載ラック型サーバ、日本IBMが2モデル発表

ニューズフロント 2005年11月16日 14時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは11月16日、動作周波数2.80GHzのデュアルコア インテルXeonプロセッサを搭載するミッドレンジサーバ「IBM eServer xSeries 336(x336)」「IBM eServer xSeries 346(x346)」を発表した。税別の直販価格は、x336が50万8000円、x346が54万8000円となっている。x336は12月22日に、x346は11月24日に出荷を開始する予定。

 いずれもラック型で、サイズはx336が1U、x346が2Uとなっている。標準で2GバイトのECC対応メモリを内蔵し、最大16Gバイトまで拡張可能だ。ハードディスクのインターフェースはUltra320SCSIで、ホットスワップに対応している。ハードディスクの最大容量はx336が600Gバイト、x346が1.8テラバイト。

 IAサーバの拡張性および可用性を高める設計思想「Xtended Design Architecture(XDA)」を採用し、ミラーリング可能な8個のメモリスロット、筐体前面の障害通知用ランプなどを備える。また、複数台をラックに積載しても高い冷却性を維持できる構造のほか、内部温度に応じて冷却ファンの動作を自動調整する機能も持つ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!