小売業やメーカー向けにCRM ASPサービスとコンサルを一括提供、NECと電通テック

ニューズフロント 2005年11月16日 14時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECと電通テックは11月16日、小売業者やメーカーにおける顧客関係管理(CRM)戦略の策定および実行を支援するサービス「D-CRM」の販売を開始した。電通テックの購買データ分析ソフト「CLICK Knowledge」をベースに、NECが同ソフトをASPサービス化するシステムを運用し、電通テックが同システムを使ってコンサルティングサービスを提供する。

 D-CRMでは、小売業者やメーカーは商品群別、ブランド別、店舗別の顧客分析や市場分析が可能だ。CLICK Knowledgeの機能をASP形式で利用可能とするほか、CLICK Knowledgeを活用した購買履歴データやPOSデータにもとづく市場分析や顧客分析の代行コンサルティングサービスも用意している。さらに、分析結果にもとづき、小売業者とメーカーが共同で売り場作りや店頭プロモーション、ダイレクトマーケティングなどを実施する協業型マーケティングの策定や実行支援コンサルティングサービスを提供する。

 サービスの税別価格は、ASPサービスが初期費用300万円、1店舗当たり月額4万5000円。コンサルティングサービスは個別見積もりとする。両社では、今後3年間で10社、2000店舗への販売を見込んでいる。

 NECは、12月7日から9日に東京ビッグサイトで開催するC&Cユーザーフォーラム&iEXPO2005に、D-CRMを出展する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!