EMCジャパン、「SQL Server 2005」の導入支援サービスを発表

エースラッシュ 2005年11月17日 20時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 EMCジャパンは11月17日、マイクロソフト製「SQL Server 2005」の導入を支援するサービス「SQL Server 2005向けストレージ・ソリューション」を発表した。「SQL Server 2000」からのアップグレードにおいて情報インフラストラクチャの迅速な移行、バックアップやリカバリ、災害復旧機能の導入などができるほか、アプリケーション情報が作成されてからアーカイブへ移動、削除されるまで、その情報を効率的かつ低コストで管理および保護できる。

 SQL Server 2005向けストレージ・ソリューションに含まれるハードウェアは、「Symmetrix」「CLARiX」「Celerra」ネットワーク・ストレージ。ソフトウェアは、オンラインバックアップおよびリストア用の「EMC NetWorker Module」、CDPとポイントインタイムリカバリを提供する「EMC RecoverPoint」、CLARiXユーザー向けに自動化プロセスを提供する「EMC Replication Manager SE」、24時間365日の可用性とリカバリを提供するエンタープライズ・アプリケーション向けの「EMC AutoStart」だ。

 そのほかプロフェッショナル・サービスとして、アップグレードや移行を迅速にできる「SQL Server2005 向けEMCアップグレードおよび移行」、EMCストレージプラットフォーム上のSQLデータベースを最適化して拡張性や可用性、パフォーマンスのSLA要件をサポートする「SQL Server2005向けEMCデータベース・レイアウト」、ビジネス継続性を支援する「SQL Server2005 向けEMCリカバリの最適化」も含まれている。

 EMCジャパンではSQL Server 2005向けストレージ・ソリューションを、年内に一部の顧客へのみ提供を開始し、来年より本格的に提供を開始する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR