SAPジャパンなど4社、マーケティング支援ソリューション「LSI」で協業

WebBCN (BCN) 2005年11月18日 11時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テレフォニーダイレクト(金子はな子社長)、アドバンテック(三浦恵朝社長)、住生コンピューターサービス(永富晶社長)、SAPジャパン(ロバート・エンスリン社長)の4社は、金融機関を対象とした顧客ライフスタイル別のマーケティング活動を支援するソリューション「Life Stage Information」(LSI)の提供・販売で協業した。

 「LSI」は、一般消費者からのアンケート情報など、さまざまなプロファイル情報をデータベース化、顧客のライフスタイルや金融商品に対する認識、資産形成に対する考え方などを基に、顧客を適切にセグメント化(グループ化)するソリューション。同ソリューションの活用で、金融機関の担当者は、より顧客を正確に知ることができ、適切なセグメンテーションにより新しいキャンペーンを展開できる。

 各社の役割は、テレフォニーダイレクトがコンセプトを作成、SAPジャパンがSAP CRM(Customer Relationship Management)、SAP BW(Business Information Warehouse)、SAP EP(Enterprise Portal)を提供、住生コンピューターサービスがLSIのコンセプトに基づいたデータベースとレポートの雛形などを開発、SAP BWとSAP CRMの連携なども設定する。販売は、アドバンテックや住生コンピューターサービスが担当する。

 このように各社分担して、業務コンサルテーションからシステム導入までをパッケージ化して提供することで、顧客企業は、業務のコンサルティングから、システムの導入、運用までをワンストップで導入できる。06年末までに地銀など5社への導入を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?