CEC、米シュガーCRM社と提携、OSSのCRMソフトを発売

WebBCN (BCN) 2005年11月18日 11時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シーイーシー(CEC、新野和幸社長)は11月17日、米シュガーCRM(カリフォルニア州、ジョン・ロバーツCEO)と提携したと発表した。

 CECは、シュガーCRMが開発・販売するオープンソース(OSS)のCRM(顧客情報管理)ソフトである「Sugar Enterprize」および「Sugar Professional」をカスタマイズし、「Opus Square CRM」として12月1日から日本市場に向けて販売開始する。価格は1年間1ユーザーで4万8000円。

 「Opus Square CRM」は、顧客管理や商談管理、見積もり作成・管理、販売予測・分析などの営業支援機能を搭載したOSSのCRMソフト。CECが日本語対応など日本市場向けにカスタマイズした。販売は販売パートナーを通じた間接販売と、CECが運営すダウンロード販売サイト「ソフトダイレクト」を通じて販売する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?