日立システム、テレビなどからパソコンを遠隔操作可能にするソリューション

WebBCN (BCN) 2005年11月21日 11時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立システムアンドサービス(中村博行社長)は、パソコンを遠隔操作でき るようにする「情報機器向け リモートデスクトップ ソリューション」を発売 した。価格は個別見積もり。

 テレビやカーナビゲーションシステム、FAX、ゲーム機といった各種情報機 器に、同ソリューションのリモートデスクトップ機能を組み込むことで、遠隔 地にあるパソコンの操作が可能になる。これにより、さまざまな機器からパソ コンの情報を閲覧したり、操作したりできる。

 通信内容を圧縮するため低速回線でも操作でき、また、SSHによる暗号化通 信に対応するため、セキュアな通信が可能。対応環境は、VxWorks、TOPPERS + TINET、PalmOS5(PNOlet)など。リモート操作可能なパソコンは、Windowsや Unix、Linux、Macなどマルチプラットフォームに対応している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!