東芝ソリューションとサン、提携20周年で戦略的提携強化

CNET Japan Staff 2005年11月22日 13時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝ソリューションとサン・マイクロシステムズは11月21日、戦略的提携をさらに強化することを発表した。1985年にサンとのOEM契約を発表した東芝ソリューション。提携20年を期に、さらなる関係強化を目指す。

 今回の提携強化で東芝ソリューションは、サンからエンタープライズ分野の新技術/次世代製品など、サン最新の技術情報や評価機の提供を受け、サンと共同でソリューションの評価および検証を行っていく。こうした取り組みはこれまでにも行われてきたが、それをさらに強化したい考えだ。

 また、年々複雑化するシステムに対して、障害の予防と解決に向けたサポートも強化。東芝ソリューションが開発したソフトウェアとサンの製品を組み合わせた新たなソリューションの開発も視野に入っている。

 なお、東芝ソリューションは、サン製品の日本におけるサポートサービスが提供可能なサン・サービス・マネージャ(SSM)の資格を取得済み。関係会社と連携して、サンによる直販か、ほかの販社が販売したサン製品に対してもサポートサービスを提供していく計画だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?