MSOL、メールサーバの手前でスパムを阻止する「Barracuda Spam Firewall」を発売

ニューズフロント 2005年11月22日 15時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 丸紅ソリューション(MSOL)は11月22日、米Barracuda Networksのスパム対策ファイアウォール装置「Barracuda Spam Firewall」を販売開始した。Barracuda Spam Firewallは、スパムメールやウイルス入り電子メールを、メールサーバの手前でフィルタリングするセキュリティ装置。スパムフィルタ/ベイジアンフィルタリング/コンテンツベースのフィルタリングなど10階層の検知機構を使い、多角的にスパムメールを検知、阻止する。サービス拒否(DoS)攻撃からメールサーバを保護する機能も備えている。

 どのような電子メールを阻止するかについては、全体に適用する共通設定だけでなく、ユーザーごとに異なる設定も施せる。設定はウェブブラウザから日本語GUIを使って作業できる。フィルタリングする際に参照する定義ファイルは、定期的にBarracuda Networksのサイトからダウンロードして自動更新する。

 価格は、「Model200」(500ユーザー)が60万円、「Model300」(1000ユーザー)が86万円、「Model400」(5000ユーザー)が181万円、「Model600」(2万5000ユーザー)が420万円、「Model800」(3万ユーザー)が840万円。MSOLでは、販売開始後1年目に2億円、2年目に5億円の売り上げを目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR