ウィルコム、最大48人で利用可能な電話会議サービスを開始

エースラッシュ 2005年11月22日 19時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコムは11月22日、予約なしで24時間利用できる電話会議サービス「AIR-CONFERENCE」を12月1日から提供すると発表した。

 AIR-CONFERENCEはウィルコムの契約者が一度申し込みすれば、予約なしで電話会議を主催できるサービスだ。利用者は会議用のアクセス番号に電話をかけ、音声ガイダンスに従ってパスコードを入力するだけで会議に参加できる。会議に利用する電話はPHSの他、一般加入電話や他社携帯電話でもよい。事前に参加者同士で連絡を取り合い、主催者が参加者にアクセス番号とパスコードを知らせるだけで24時間いつでも利用可能なのが特徴となっている。

 申し込み費用や基本料などは不要で、利用時間ごとの課金となる。サービス利用料金は1回線ごとに1分あたり21円かかり、別途通話料が必要となる。ただし、ウィルコムが提供する音声通話定額プラン「ウィルコム定額プラン」の対象に含まれるため、このプランの利用者の場合は通話料は無料になる。

 その他のプランで同社PHSを利用している場合は、30秒あたり10.5円となる。他社携帯電話や一般加入電話からの場合は東京23区までの通話料となる。国際電話での参加も可能で、主催者が通話料を負担する「着信課金サービス」も用意されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR