デルとミラクルリナックス、「MIRACLE LINUX V4.0/3.0」搭載「PowerEdge」を発売

ニューズフロント 2005年11月24日 16時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルとミラクルリナックスは11月24日、デルのサーバ製品系列「PowerEdge」シリーズにミラクル・リナックスのLinuxサーバOS「MIRACLE LINUX V4.0-Asianux Inside」および「MIRACLE LINUX V3.0-Asianux Inside」と各種ソフトを組み合わせ、セット製品として販売開始した。

 デルはISVパートナー支援プログラム「デルISVアリーナ」の一環として、PowerEdgeサーバでMIRACLE LINUX V4.0の動作検証のための検証機を、ミラクル・リナックスに提供する。さらに、新製品についても順次動作検証を実施してMIRACLE LINUX V4.0ベースの技術情報を開示し、エンドユーザーやシステムインテグレータによるシステム構築を支援するとしている。

 また、デルはユニアデックスとも協業し、MIRACLE LINUX V4.0とPowerEdgeサーバに加え、ストレージ製品「PowerVault」「Dell|EMCストレージ」や、MIRACLE LINUX V4.0に関するソフトサポートを、有償サービス「Enterprise Support for MiracleLinux」として提供する。

 3社は製品およびサービス全般にわたって協業し、MIRACLE LINUX V4.0搭載PowerEdgeサーバ向けに、ファイルサーバ、データ保護、システム運用管理、データベース製品などの各種ソフトを組み合わせた製品を共同で提供していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR