日本オラクル、建設中のビルの区分所有権を取得--2008年秋に本社機能を集中

CNET Japan Staff 2005年11月24日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは11月24日、東京都港区北青山2丁目に建設中のビルの区分所有権を取得し、2008年秋より本社拠点とすることを発表した。

 同社は、本社ビルの取得を以前より計画していたが、現在の不動産市況などを勘案し、現在が最も適切な時期と判断。また、現在都内3地域7個所の賃貸ビルに分散している本社機能を統合することで、賃借料の節減および業務効率の向上が期待できる。

 また、東京都港区北青山というすぐれた立地環境に建設される本社ビルを取得することで、新たなワークスタイルを全社的に提案、推進し、先進的で効率の良いオフィス環境の構築を目指している。

 新たなワークスタイルの構想では、以下の3点を推進する。

  • 効率的:先進テクノロジーを駆使した効率の高いワークプレイス
  • 魅力的:人にやさしく、求心力の高い魅力的なオフィスづくり
  • 自由:時間と場所を選ばない自由度の高い職場環境

     日本オラクルでは本社ビルの取得により、日本に根ざした事業の長期にわたるコミットと継続的な発展により、最も信頼されるIT企業を目指すとしている。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連キーワード
    経営

    関連ホワイトペーパー

    SpecialPR

    • デジタル変革か?ゲームセットか?

      デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

    • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

      多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?