多言語対応の統合開発環境「Borland Developer Studio 2006日本語版」発売

エースラッシュ 2005年11月24日 20時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーランドは11月24日、マルチ言語対応の統合開発環境「Borland Developer Studio 2006日本語版」(BDS)の販売を開始した。

 BDSはDelphi/C++ Builder/C# Builderの最新機能をすべて統合、Windowsアプリケーション開発を支援するもので、Delphi/C++/C#/Cのマルチ言語に対応する単一統合開発環境だ。Win32と.NETの両方に対応しているため、開発者はプラットフォームと言語を目的に応じて切り替えなが利用できる。UMLモデリングにも対応、リバースエンジニアリング機能もあり、ソースコードからモデル図を簡単に自動生成できる。

 UMLモデルを既存ソースコードから作成するだけでなく、作成したモデルからDelphiまたはC#のソースコードを生成することも可能。また開発済みのアプリケーション資産をWin32と.NETの間で移行することも可能であるため、資産を活かしての開発・再利用が可能となる。

 出荷は12月21日からの予定で、価格はいずれも税込みで、Borland Developer Studio 2006 Architect日本語版が39万9000円、Borland Developer Studio 2006 Enterprise日本語版が33万6000円、Borland Developer Studio 2006 Professional日本語版が8万4000円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR