浅野歯科産業、Salesforce導入から4カ月で営業効率の向上とコスト削減を実現

CNET Japan Staff 2005年11月25日 09時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セールスフォース・ドットコムは11月24日、歯科医療用機械/器材/材料、薬品などの販売および開発を行う浅野歯科産業が、セールスフォース・ドットコムのオンデマンドCRMサービス「Salesforce」を導入し、4カ月で営業効率の大幅向上を実現したことを発表した。

 浅野歯科産業は、2005年6月にSalesforceを導入。その後4カ月で営業効率の改善や、システム構築や導入にかかる約2500万円のコスト削減などを達成した。特にコスト削減については、初期費用が不要で導入ユーザー数にあわせての支払いとなるSalesforceの特性から、システム構築を想定して予測していた当初予算に比べて1500万円を削減している。

 また、IT担当者の増員を予定していたが、ASPサービスであるSalesforceを使用することで、システムの運用管理を自社で行う必要がなく、年間で約1000万円の運用管理コストを削減できたと試算している。さらにセキュリティ対策への追加投資が不要なこともコスト削減につながっている。

 浅野歯科産業では、営業の進捗スピードは約20%向上し、顧客への対応は平均5日から3日に短縮。商談の機会損失は20%減少したとしている。導入期間は1カ月。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR