シナプティブソリューションズ、「Lyris ListManager 8.0」日本語版を12月1日より出荷

CNET Japan Staff 2005年11月26日 14時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カナダに本拠地をおくSynaptive Solutionsは11月25日、米Lyris Technologies製のメールマーケティングシステム「Lyris ListManager 8.0」日本語版の出荷を、2005年12月1日より開始すると発表した。

 ListManager 8.0は、メーリングリスト運営管理機能やメールマガジン配信管理を備えたメール配信ソフトウェア。外部データベースと同期し、既存の顧客リストを活用できるほか、SOAPベースのAPIによってECサイトとの連携も可能という。

 同社は、ListManager 8.0 日本語版の発売に合わせて特別価格キャンペーンを実施。発売日から2月28日までの期間中、ListManager 8.0日本語版ライセンスと同サポートパッケージを最大約20%オフの特別価格で提供する。

 参考価格は、1時間1万件のメールを配信できるゴールドが23万円から、最上位のエクストリーム500k(1時間50万件)では375万円から。

 初年度1億円の売上を目標としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!