SAPジャパン、国内対応を強化した中小企業向けERPソフトの最新版を発売

ニューズフロント 2005年11月28日 17時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SAPジャパンは11月28日、中小企業向けERPソフトの最新版「SAP Business One 2004.2B」を販売開始した。締請求処理対応や消費税計算の柔軟化、キャッシュフロー計算書への対応など、特に国内商慣習への対応を強化した。10ユーザー時のライセンス価格は280万円となる。

 2005年4月にリリースしたSAP Business One 2004Bでは、中小企業向けERPとしては画期的なMRP(資材所要量計画)機能の搭載や、サービスコールへの対応、チームでの販売案件状況の共有など大幅に機能を向上させている。最新版となるSAP Business One 2004.2Bでは、承認機能やユーザー権限機能を強化したため、大企業の中小規模グループ企業でも内部統制への対応に向けた十分な取り組みが可能となる。

 そのほか、その日のうちに確認すべき複数のデータをまとめて表示する機能や、レポーティング用のアドオンソフトなども用意するなど、中小企業が必要とするさまざまな機能を強化したと説明する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR