日本ベリサイン、SSLサーバ証明書に各種サービスを付加して提供開始

エースラッシュ 2005年11月28日 18時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ベリサインは11月28日、SSLサーバ証明書にセキュリティ情報配信サービスやサーバ監視サービスを付加した「ベリサイン サーバIDプレミアム」を、本日より提供開始すると発表した。

 今回提供が開始されるベリサイン サーバIDプレミアムは、多様化する企業のセキュリティ対策ニーズに対応し、より利便性の高いサービス提供を目的としたもの。現在のSSLサーバ証明書発行サービスにセキュリティ情報配信サービスやサーバ監視サービスなどの各種サービスを付加し、「グローバル・サーバIDエクスプレスプレミアム」および「グローバル・サーバIDサーバ監視プレミアム」の2種類として提供される。

 グローバル・サーバIDエクスプレスプレミアムは、「NetSureプロテクションプラン」と「エクスプレスサービス」を組み合わせたもの。サーバIDは2営業日での発行が保証されているほか、技術担当者宛に毎営業日、セキュリティ関連情報のメールマガジンが配信される。また、2年契約パッケージでは社名および製品名の変更などに伴うドメイン変更や、システム障害による失効などで証明書の再発行が必要な場合、契約期間中1回だけ無料再取得が可能となる。価格は有効期限が1年間で税込15万9600円、2年間で29万4000円だ。

 グローバル・サーバIDサーバ監視プレミアムは、NetSureプロテクションプランに「セキュリティ情報配信サービス」と「サーバ監視サービス」を組み合わせたもの。サーバ監視サービスには、24時間365日にわたりウェブサーバ上のSSLページを運用・監視する「SiteCare for SSL」を採用。問題発生時には経路障害などの緊急度判別を実施し、必要な情報だけを担当者に通知するという。また、セキュリティ関連情報のメールマガジン配信も行われる。価格は有効期限が1年間で税込30万300円、2年間で52万800円だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!