ACCESS、VAリナックスのSourceForge EEをグローバル導入

CNET Japan Staff 2005年11月30日 07時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VA Linux Systems Japan(VAリナックス)は11月29日、企業内のソフトウェア開発に関する情報を一元管理する開発コラボレーションウェア「SourceForge Enterprise Edition 4.2」(SourceForge EE)をACCESSが全社導入したことを発表した。

 ACCESSは、グループ全社にSourceForge EEを導入した。外部の開発パートナーや米国、ドイツなどの海外子会社との成果物/情報共有のさらなる効率化が狙いで、開発プロジェクトチーム内での情報共有、連絡事項の周知、進捗管理なども含めたニーズに対応する。

 VAリナックスによれば、SourceForge EEの採用理由は、柔軟なアクセスコントロール機能にあった。外部との情報共有のカギとなるのがこのアクセスコントロールであり、さらにプロジェクトの役割に対して各機能別にアクセス権限を詳細に設定できる点が評価された。

 ACCESSは、現在500ライセンスを購入しており、今後もライセンスの増強を進める計画。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?