三菱マテリアル、RFIDを利用した工程管理パッケージのトライアル評価版を提供

エースラッシュ 2005年11月30日 19時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱マテリアルの開発部門戦略事業開発室は11月30日、RFIDを利用した電子かんばん工程管理パッケージ「M2S dataTube」のトライアル評価版を2006年1月から提供すると発表した。

 M2S dataTubeは、RFIDで生産行程を管理するパッケージソフトだ。製造指示書とRFIDを一体化させ、進捗を収集したい場所にポケット型リーダーライターを設置、そこにタグを出し入れすることで作業員の正確な従事時間や工程進捗を自動取得できる。また、生産スケジューラー「FLEXSCHE」と連動させることで、リアルタイムに「計画、指示、予実確認」のループを実現できる。

 今回提供されるトライアル評価版は、エンドユーザーを対象として提供され、原則1カ月の期間制限がついている。価格は20万円からで、半年間で30セットの提供を予定している。パッケージにはデータベースとRFIDリーダーライターが含まれる。そのほか、インストールサービスや収集データの解析・レポートサービスも有償にて用意する。

 窓口はシステムインテグレータであるアイ・ティ・フロンティアと伊藤忠テクノサイエンスが担当。三菱マテリアルは技術面を担当し、インストールサービスやデータ解析サービスなどを提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR