NetIQ、ウェブサイト監視ツールの最新バージョン「ResponseTime for Web 6.3」をリリース

CNET Japan Staff 2005年12月01日 04時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NetIQは11月30日、最新のウェブサイト監視ツール「AppManager ResponseTime for Web 6.3」を発表した。同製品は、「NetIQ AppManager Suite 6.0J」が稼働している環境で動作する。

 AppManager ResponseTime for Webは、エンドユーザーに代わって定期的にウェブサーバにアクセスし、ウェブサーバのサービスレベルを確認するためのツール。「ログインにはどれくらいの時間が掛かったのか」「取引にはどの程度の時間を要したのか」などの詳細データを取得できる。トランザクションがサービスレベルで規定された許容時間を越えていた場合にはアラートを発生。さまざまなデータを解析することで、問題の発生原因を特定できる。

 このツールは、NetIQ AppManager Suiteの最新リリースである6.0.2J(6.0JSP2)のCDに同梱される。

 出荷の開始は12月5日。導入するエージェントごとに1ライセンス必要になり、価格は1ライセンスあたり48万円。12月31日までに購入すると、19万8000円に値引きされる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR