豊田自動織機、フォークリフト受注システムでOracle On Demandの運用開始

CNET Japan Staff 2005年12月01日 05時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは11月30日、豊田自動織機のトヨタフォークリフト受注システムでオラクルの運用/管理サービス「Oracle On Demand(オラクル・オン・デマンド)」の運用が開始されたことを発表した。

 豊田自動織機では、これまで国内/海外の各支社からトヨタフォークリフト本体や部品のオーダーを受けるシステムを自社で保守/運用してきた。今回の運用開始で、自社体制から日本オラクルのOracle On Demandの1サービスである「Oracle Technology On Demand」に切り替え。保守コストの削減を図り、ダイレクトな技術提供によるサービスの高度化も狙う。

 Oracle Technology On Demandは、オラクルのエンジニアが24時間365日体制でシステム監視およびソフトウェア運用/管理をオンラインでサポートするサービス。日本オラクルは、豊田自動織機内のシステム運用標準の改訂をサポートすると共に、人材育成にも協力する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから