検疫ネットエンジン「Mirage NAC 2.3」を搭載したセキュリティ装置、MBSDが発売

ニューズフロント 2005年12月01日 16時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は12月1日、米Mirage Networksの検疫ネットワークエンジン「Mirage NAC 2.3」と、同エンジンを搭載したセキュリティ装置「CounterPoint」のエントリモデル「C-125」について、国内販売を開始した。

 MBSDによると、「従来の検疫ネットワーク製品は、サーバやPCなどがネットワークに接続されたときに検査するものが中心」という。それに対し、Mirage NAC 2.3は接続済み機器のセキュリティ状態も継続的に確認し、問題を発見した場合にはほかの機器との通信を遮断して隔離する。隔離した機器の通信先をパッチ管理サーバなどに変更することで、パッチ適用なども実施可能である。導入にあたって、特別なネットワーク機器の設置や、クライアント機器へのソフトのインストールが不要なので、安価に検疫ネットワークを構築できる。

 同時に販売を開始するC-125は、小規模ネットワーク向けのエントリモデル。MBSDは、大規模ネットワーク向けの「C-245」と、中規模ネットワーク向けの「C-145」も用意している。各モデルの概要と税別価格は以下のとおり。

  • C-125
    対応VLAN数:2
    スループット:100Mbps
    監視用ポート:2
    保護対象ホスト数の目安:約50台まで
    価格:98万円
  • C-145 対応VLAN数:8
    スループット:400Mbps
    監視用ポート:4
    保護対象ホスト数の目安:約500台まで
    価格:270万円
  • C-245 対応VLAN数:32
    スループット:1Gbps
    監視用ポート:4
    保護対象ホスト数の目安:約2000台まで
    価格:365万円

 MBSDでは、CounterPoint製品系列の全体で、2006年度末までに年間200セット、5億円の売り上げを目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!