富士通とレッドハット、PRIMEQUESTへのアプリケーション移植で協業

CNET Japan Staff 2005年12月02日 09時16分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通と米レッドハットは12月1日、Linuxソリューションの提供に向けたグローバル提携の一環として、同日より共同で富士通の基幹IAサーバ「PRIMEQUEST(プライムクエスト)」へのアプリケーション移植を開始すると発表した。

 両社は2003年5月のグローバル提携以降、ミッションクリティカル領域のLinuxソリューション分野で、マーケティングや営業、ソフトウェア開発、およびシステムの構築とサポートを共同で実施してきた。2003年12月には、「共同開発推進室」を米国のレッドハット内に開設し、Linux OS機能の開発や日本および海外の富士通グループに対する迅速なサポートを実施している。

 レッドハットは2005年2月、Linuxカーネル2.6をベースとした最新ディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux v.4(RHEL4)」の販売活動を開始し、基幹システム分野への進出を加速している。一方の富士通は2005年4月、CPUにIntel Itanium 2プロセッサを搭載でき、RHEL4が稼働するPRIMEQUESTの販売活動を全世界で開始。大規模基幹システムへのLinux適用を推進中だ。

 今回の共同活動では、他社UNIXサーバや32ビットのLinuxアプリケーションを使用しているユーザーを対象に、RHEL4を搭載したPRIMEQUESTの64ビット環境への移植や、RHEL4への対応が大幅に改善された最新バージョンのIA-32 Execution Layerを利用した32ビット環境への移植を、共同で推進していく。移植後の検証環境は、富士通の「Platform Solution Center」で整備される。

 対象地域は日本市場。将来は、欧州、北米/南米、アジア太平洋地域へと拡大していく予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!