NTTデータ経営研究所、既存PCのシンクライアント化によるソリューション

WebBCN (BCN) 2005年12月02日 12時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータ経営研究所(佐々木崇社長)は、既存のパソコンをシンクライアント化することでITコストを低減させる「サーバー集中化ソリューション」を発売した。

 同ソリューションは、既存のパソコンをSBC(サーバー・ベース・コンピューティング)方式でシンクライアント化し、サーバー集中を実現するもの。パソコン上のソフトウェアやデータをサーバーで一元管理することで、パソコンの各種運用管理コストを削減する。

 既存IT資産の有効活用を考えてつくられたソフトウェアベースのソリューションで、ロースペックの旧機種既存パソコン、INSやADSLなどの狭帯域ネットワークを継続利用して、サーバー集中・シンクライアント化を実現できる。同ソリューション導入後に、OSやソフトウェアが高機能化した場合でも、サーバー側の処理能力を増強することで、パソコンの使用可能期間を延長することも可能。

 同社では、パソコンの新規調達コストを10%〜20%程度、長期的な調達コストは30%以上、運用管理コストは50%以上低減できると試算する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!