「Citrix Presentation Server」で生体認証を利用可能に、ネットマークスが対応ソフト

ニューズフロント 2005年12月02日 14時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットマークスは12月2日、同社のマルチデバイス認証ソフト「SecureSuiteXS」をシトリックス・システムズ・ジャパンのアプリケーション実行サーバ「Citrix Presentation Server」に対応させたと発表した。

 通常Citrixサーバに接続してアプリケーションを利用する際には、ユーザーIDとパスワードで認証を行う。SecureSuiteXSを連携させると、クライアントPCがサーバに接続するときに、生体認証(バイオメトリクス)やICカード、または両者を組み合わせたのユーザー認証が行える。その結果「サーバへのアクセス時に確実な本人確認が可能となる」(ネットマークス)。

 ネットマークスでは、SecureSuiteXSとCitrix Presentation Serverを組み合わせたソリューションを既存Citrixユーザーや企業向け市場に展開し、今年度1万ライセンス、約1億円の販売を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR