AMD、インド企業へのプロセス技術ライセンス提供で合意

CNET Japan Staff 2005年12月03日 10時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米AMDは11月30日、インドにおけるx86マイクロプロセッサへのニーズの高まりを受け、製造、技術ライセンス、およびビジネス開発に関する広範な合意をSemIndiaとの間に締結したと発表した。セミインディアはインド政府と共に、インドにおける半導体製造の確立を目指す官民協同事業(PPP)を主導する。

 この合意は、インド政府通信情報技術相のThiru. Dayanidhi Maran氏が出席し、AMDのHector de J. Ruiz会長・社長兼CEOとセミインディアのDr. Vinod K. Agarwal最高経営責任者(CEO)によって調印された。

 セミインディアはこの合意に基づき、同社が計画中のウエハ製造、およびATMP(assembly-test-mark-pack)に、AMDのプロセス技術のライセンス供与を受ける。今後AMDとセミインディアは、インド向けの半導体ソリューションの共同開発と販売を行っていく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!