ボーダフォン、位置情報サービスにオープンウェーブ製品を採用

CNET Japan Staff 2005年12月03日 11時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンウェーブシステムズは12月2日、同社の携帯端末向け位置情報製品「Location Manager Commercial Edition」がNECのネットワークアシスト型位置情報ソリューションに採用され、ボーダフォンに導入されたことを発表した。

 オープンウェーブとNECは協業し、「OMA SUPL(Secure User Plane Location)」のドラフト版に準拠した位置情報システムとして、オープンウェーブのLocation Manager Commercial EditionをNECのネットワークアシスト型位置情報ソリューションに組み込んだソリューションを開発した。

 オープンウェーブ製品は、このソリューションで被測位者のプライバシー管理を含む位置測位管理サーバとしての機能を担い、携帯端末やNECの位置測位サーバと連携できる仕組みを提供する。加入者のプライバシーを保護しながら定期的な位置情報の取得できることを生かした新サービスの開発が期待される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?