日立など4社、J2EEシステムの統合性能管理に関する技術的検証で協力

ニューズフロント 2005年12月05日 15時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所、日立ソフトウェアエンジニアリング、アイ・ティ・フロンティア、イーシー・ワンの4社は12月5日、J2EE対応システムの統合性能管理に関する技術的検証を共同で実施すると発表した。検証期間は2005年12月から2006年6月までとする。

 4社は、J2EEを基盤としたウェブアプリケーションを対象に、アプリケーションからデータベース、ユーザー運用までを包含する統合的かつ柔軟な性能管理について、技術的に検証していく。各種製品技術、ソリューション、サービスのほか、導入や運用ノウハウを相互に共有、連携させ、J2EE環境における統合的な性能管理モデルを策定する。

 さらに、策定したモデルの実システムへの適用性を検証するため、製品間の連携テストや連携モジュールの開発を実施し、その成果を製品などに反映するとともに、市場におけるJ2EEの適用拡大を支援していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR