ネオジャパン、desknet's CAMS PROのホスティングサービスを開始

CNET Japan Staff 2005年12月06日 10時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネオジャパンは12月5日、NTTPCコミュニケーションズのサーバハウジング/ホスティングサービス「WebARENA」を活用し、同社のWebシステム「desknet's CAMS(デスクネッツキャムス)」のホスティングサービスを「desknet's CAMS PRO」として、2005年12月6日より開始すると発表した。

 このサービスを利用する企業は、自社にサーバを抱える必要がなくなるほか、desknet's CAMSをVPS(仮想専用サーバ)と組み合わせて利用することが可能になる。サーバは国内設置で、40Gbps超の高速なアクセス環境が確保されている。

 基本サービスには、アプリケーションサーバのインストールから保守、コールセンターによるアプリケーションの利用方法、障害対応サービスが含まれる。

 価格は初期導入費用が3万1500円(税込)。月額基本は、5ユーザーで2万6250円(税込)、30ユーザーで4万6200円(税込)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから