ミラクル・リナックス、「MIRACLE LINUX V4.0」同梱の最新クラスタソフト

ニューズフロント 2005年12月06日 16時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミラクル・リナックスは12月6日、64ビットx86アーキテクチャ対応クラスタソフト製品「MIRACLE CLUSTERPRO V3.1 - Asianux Inside(MIRACLE LINUX V4.0 バンドル)」の出荷を12月12日に開始すると発表した。同製品には、LinuxサーバOSの最新版「MIRACLE LINUX V4.0 - Asianux Inside」が同梱される。税別価格は、MIRACLE LINUX V4.0が2ノードとCLUSTERPROが2CPUというライセンス構成で60万円となる。

 MIRACLE CLUSTERPROは、MIRACLE LINUX V4.0と、NECのLinuxクラスタソフトCLUSTERPROをパッケージした製品。MIRACLE LINUX V4.0が32ビットと64ビットの両環境用にエディションを用意していることから、CLUSTERPROもそれぞれに対応した。

 Linuxカーネル2.6対応のMIRACLE LINUX V4.0を同梱したことで、高負荷時の安定性とスケーラビリティが大きく改善し、より堅牢なクラスタシステム構築が可能になった。また、同OSの強化ポイントであるカーネルダンプ収集機能の強化により、ミッションクリティカルシステムに必要なカーネルダンプ解析機能を向上させた。

 64ビット環境に対応したことで、ユーザー空間が従来の3Gバイトから512Gバイトに広がった。ミラクルが検証したところ、特に大規模メモリを使用する場合は、データベースの索引検索で5倍以上の性能向上がみられたという。

 同社は、同パッケージ製品を対象とした「MIRACLE CLUSTERサポートサービス」(税別年額36万円)と、「オンサイト導入支援サービス」(同80万円)も提供する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから