ノベル、ディレクトリ製品の最新版「Novell eDirectory 8.8」を出荷

ニューズフロント 2005年12月06日 16時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ノベルは12月6日、ディレクトリ製品の最新版「Novell eDirectory 8.8」を12月16日に提供開始すると発表した。最新版の特徴は、大規模環境における運用性とセキュリティの強化である。価格はオープン。

 Novell eDirectoryは、ディレクトリの複製が無制限なので、大規模な認証を分散処理したり、拠点ごとのディレクトリサーバで認証したりといった構成が可能となる。その結果、大規模環境で高速かつ安定したディレクトリサービスを提供できる。「Novell ZENworks Linux Management」に対応しているため、大規模環境における多数のサーバへの一斉配布やアップデートも行える。

 ディレクトリのセキュリティ向上を図るため、ディレクトリ上の特定のデータを暗号化してハードディスクに保存する暗号化属性機能と、複数のeDirectory 8.8サーバ間でディレクトリサーバを同期する際の通信を暗号化する暗号化レプリケーション機能を新たに導入した。

 ディレクトリ管理仕様であるLDAPバージョン3をネイティブサポートしたほか、LinuxおよびUnix環境ではFHSに、Linux環境ではLSBに準拠した。これにより、eDirectory 8.8のインストール時に、ほかのアプリケーションとのファイル競合を排除し、システム上での整合性を保てる。

 管理面では、ウェブベースの管理機能だけでなく、コマンドによるバッチ処理にも対応しており、大量の処理も一括実行できる。

 動作環境は以下のとおり。

Linux

  • Novell SUSE Linux Enterprise Server 9
  • Novell SUSE Linux Enterprise Server 8
  • Novell SUSE Open Enterprise Server
  • Red Hat Enterprise Linux 3 AS

Solaris

  • Solaris 10 on Sun SPARC
  • Solaris 9 on Sun SPARC patch 108827-20以上

AIX

  • AIX 5L Version 5.2
  • HP-UX(近日リリース予定)
  • HP-UX 11i

Novell NetWare

  • Novell NetWare 6.5 SP2以上

Windows

  • Windows 2000 Server SP4以上
  • Windows 2000 Advanced Server SP3以上
  • Windows Server 2003

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR