日本BEA、日本市場における旧プラムツリー事業の引継ぎを発表

CNET Japan Staff 2005年12月06日 20時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本BEAシステムズは12月6日、米BEAが2005年10月20日にPlumtree Softwareの買収を完了したことに伴い、2006年2月をめどに日本BEAがプラムツリーソフトウェアの国内市におけるプラムツリー製品および事業を引き継ぐことを発表した。

 エンタープライズポータルソリューションである旧プラムツリー製品は、BEA製品と補完関係にあり、SOA(サービス指向アーキテクチャ)を実現するサービス基盤である「BEA AquaLogic」製品ファミリーのポータル製品として統合される。

 これにより日本BEAは、J2EEと.Netを中心としたマルチポータルフォーム技術に基づくオープンで広範なソリューションを提供することが可能。プラットフォームに依存することなく、異種混在環境でSOAベースのシステム構築を実現できる。

 新しい製品名は以下とおり(カッコ内は旧製品名)。

  • BEA AquaLogic Interaction(Plumtree Corporate Portal)
  • BEA AquaLogic Interaction Publisher(Plumtree Content Server)
  • BEA AquaLogic Interaction Collaboration(Plumtree Collaboration Server)
  • BEA AquaLogic Interaction Studio(Plumtree Studio)
  • BEA AquaLogic Interaction Analytics(Plumtree Analytics Server)
  • BEA AquaLogic Interaction Integration Services(Plumtree Integration Products)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR