NEC、異種データベースを仮想的に統合する「DataCoordinator/VA」を発売

ニューズフロント 2005年12月07日 16時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは12月7日、異なる種類のデータベースからデータを仮想的に統合するソフト「DataCoordinator/VA」の販売を開始した。同ソフトを使用すると、システムごとに異なるデータベースを仮想的に統合し、各アプリケーションから全データベースを参照できる。税別価格は800万円から。

 DataCoordinator/VAは、アプリケーションやGUIからデータベースへのデータ参照要求を想定し、別種のデータベースを仮想的に統合する。その結果、それぞれのアプリケーションからすべてのデータベースが参照可能となる。これにより、データベースごとに異なる言語の特性を意識せず、新しいアプリケーションを開発できる。

 当初、Oracle、SQL Server、PostgreSQLの3種類のデータベースに対応する。対応データベースは順次拡充する計画だ。

 また、NECでは、DataCoodinatorシリーズを利用したデータ統合について、導入に必要なコンサルティングからシステム設計、構築、運用までを対象とする新サービス「データ統合サービス」も提供する。税別価格は50万円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!