セプテーニ、時間帯配信機能を追加した効果計測サービス「SPMax」最新版

エースラッシュ 2005年12月07日 18時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セプテーニは12月7日、統合型効果測定システム「SPMax」をバージョンアップし、検索キーワード連動型広告の時間帯配信機能を搭載した。

 SPMaxは検索キーワード連動型広告の効果計測や入札管理をする「SearchMax」とバナーやメール広告などの効果計測をする「ADMax」、ウェブサイト内のユーザー遷移を解析する「PathMax」の3つの機能で構成される、統合型効果計測システムだ。今回のバージョンアップにより、検索キーワード連動型広告であらかじめ時間を指定して、自動的に広告掲載のオン/オフを切り替える「時間帯配信機能」が搭載された。

 セプテーニでは時間帯配信機能を利用することで、サイトの定期的なメンテナンス時間帯などに手動で掲載の切り替えをすることなく、迅速で正確な運用ができるようになるほか、時間帯別のコンバージョンレポートと組み合わせることで限られた予算内での効率的な広告掲載スケジュールが確立できるとしている。

 なお、SPMaxの開発・運用にはセプテーニと共同で合弁会社を設立する予定のフィックスターズも技術協力をしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR