日立、「FLORA bd100」の運用管理機能を強化し簡易導入モデルを追加

エースラッシュ 2005年12月08日 19時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所の情報・通信グループは12月8日、モバイルPCからの情報漏えいを防止する「セキュアクライアントソリューション」で、クライアントブレード「FLORA bd100」における保守・運用管理機能の強化および既存PCを活用した簡易導入モデルを追加、12月12日から販売を開始すると発表した。

 FLORA bd100では、セキュリティPCの利用者やオペレータがブレード単位で電源をON/OFF/リセットできる電源制御機能、接続障害が発生した場合に利用者が別のブレードを代替機として選択し接続を継続できる機能などを搭載している。GUIで状態を把握・管理できるウェブインターフェースの管理コンソールも採用されており、これらによって最大で50%の運用コスト削減が可能になるという。また、接続環境を提供する「JP1/NETM/DM Client」との連動により、通常のPCからFLORA bd100を利用できるのも特徴だ。これにより、初期導入コストの低減や段階的なセキュリティ対策を実施できるようになった。

 価格は、保守・運用管理機能強化用ソフトウェア「ブレードPCコントロール forFLORA bd100」が税込31万5000円から、簡易導入モデル用ソフトウェア「既存PC活用ソフトウェアパッケージ」が1台あたり税込3万240円。両製品ともに出荷時期は12月28日を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!